短歌 春のありよう

青く固い割りたての竹で書いたよな 愛のことばを手にして眠る

花曇り混ざりつづける色十色 終わらぬ午睡 終わりなき夢

なにもかも曖昧なままひっくるめ愛していたい春のありよう

—–

久々に短歌を詠んだのは、心が動くことがあったから。こういう感情って使わないと錆びてしまう。また動かしていきたいなと思います。