短歌 春の宵

春の嵐止まぬ強風凶暴にわたしの中を吹き荒れている

さっきからあなたの細く白い指そのことばかり考えている

夕闇に仄白き花浮かびいできみの顎から光を放つ